筋肉サプリ bcaa

bcaaの役割とは?何故、運動している人は摂った方がよいのか

 

人間の筋肉は「筋たんぱく質」によって構成されており、筋たんぱく質の35%は「bcaa」といわれる成分が占めています。

 

bcaaは「分岐鎖アミノ酸」ともいわれ、必須アミノ酸のバリン、ロイシン、イソロイシンを指します。

 

BCAA配合の人気筋肉サプリはコレ!いま話題のHMB、BCAA配合サプリメント。

また、筋肉を維持するうえで欠かせないbcaaですが、体内で作り出すことができないため、それを含むサプリメントや食物を摂って補給する必要があるのです。

 

私たちが体を動かしているとき、運動で使われている筋肉のなかでは筋たんぱく質がさかんに分解されます。

 

筋たんぱく質が分解されているときはbcaaも大量に消費され、そのままにしておくと筋肉が損傷した状態となり、筋力の低下を引き起こす恐れがあります。

 

しかし、bcaaを運動の直前や直後に摂取すると、筋肉の分解を抑えることができるのです。

 

さらに、bcaaに含まれているロイシンは、体内で新たな筋たんぱく質の合成に必要なインスリンの分泌を促すため、筋肉増加の効果も得られます。

 

こうして、頻繁にスポーツをする人や激しいトレーニングで筋肉に負荷をかける人は、筋肉の維持と増加を促すために、食事以外にもサプリを利用して積極的にbcaaを摂った方がよいのです。

 

世の中には、さまざまな種類の筋肉サプリがあります。

 

なかでも「メタルマッスルHMB」はbcaaの含有量が多いため、少量を飲むだけで筋肉維持に必要な量のbcaaを効率よく摂れます。

 

 

bcaaには疲労を予防する効果も

 

BCAA配合の人気筋肉サプリはコレ!いま話題のHMB、BCAA配合サプリメント。

bcaaには筋肉の分解を防いだり、増強を促したりするだけでなく、運動後の疲労を感じにくくさせる効果もあります。

 

私たちが運動後に感じる疲れのなかには、脳から「疲れている」という指令が発信されることによって生じる「中枢性疲労」があります。

 

この中枢性疲労は、血液に含まれているトリプトファンが脳に送られたあと、脳内でセロトニンとよばれるホルモンが分泌されることで生じるといわれています。

 

トリプトファンは、脳に流れていく際に「脳血液関門」とよばれる部分を通らなければなりません。

 

しかし、体外からbcaaを摂るとbcaaの輸送体も血液脳関門を通るため、トリプトファンが脳に送られる量が少なくなります。

 

そして、脳内のトリプトファンの量が減少することでセロトニンの分泌量が抑制され、結果疲労感を感じにくくなるのです。

 

そのため、筋トレやスポーツを試しても、すぐにバテて継続できなかった人は、筋肉サプリでbcaaを摂れば疲れを感じにくいので、長続きできるといえるでしょう。

 

メタルマッスルHMBを摂ると筋力増加の近道に!

 

bcaaサプリを摂ることは、スポーツや激しい筋トレを行うことを続けたい人や、筋肉増強効果を高めたい人に重宝されています。

 

そのなかでも、筋肉サプリのメタルマッスルHMBは、bcaaのほかにも筋力のアップに効果的なグルタミンやクレアチンなどを含んでいます。

 

したがって、「筋肉を早くつけたい」、「筋力を上げてスタミナやパフォーマンスを上げたい」と思う人には、そのような望みをかなえやすく、しかも高い効果が得られることも期待できるため、おすすめといえるでしょう。

 

意識しないよう自然な筋トレ

 

BCAA配合の人気筋肉サプリはコレ!いま話題のHMB、BCAA配合サプリメント。

特に時間をとって運動しているという訳ではなく、車がないので歩きか自転車での移動になります。

 

頻度はほぼ毎日で、距離は1-2kmくらいだと思います。

 

移動や散歩として行っているのであまり意識せずに運動を続けられるのが良いと思っています。

 

あまりにも食べ過ぎたりしなければ、特に食事量や内容を変えなくても太らないので良いです。

 

姿勢をなるべくよくしたり、お腹に力を入れてへこませたりして歩くように心がけています。

 

少しはお腹に効いて欲しいとの期待を込めて。

 

子どもが一緒のときは抱っこしながらの移動も多いので腕の筋トレにもなっているかも…?自分1人の時は、音楽を聴きながら歩くと沢山距離を歩けます。

 

気分転換にもなり精神的にも良いと思っています。

 

 

 

身体作りのために心がけていることは、食事作りくらいです。

 

自分なりに栄養素のバランスを考えて毎日作っています。

 

家族が身体を動かす仕事をしているので、たんぱく質が多目の食事になりやすいのですが、野菜も一緒にとれるよう献立を考えます。

 

レシピはインターネットで調べて作ることが多く、本当に便利です。

 

レシピによっては油や調味料が多すぎると感じることがあるので、自分で調整するように心がけています。

 

もともと食べることが好きなので、沢山食べ過ぎてしまいがちだったのですが、体重や胃腸への負担のことを意識するようになり、適度な量を感謝しておいしく食べることに比重を置くようにしました。

 

これからますます料理の技術や勘をみがいて自分や家族の健康的な身体作りのために役立てたらとおもいます。

 

あえてプロテインなどを使わないトレーニング体験談

 

スポーツクラブには週5日通っています。

 

平日は仕事後に夕飯を済ませてからになる為、スポーツクラブに行ける時間が、21時すぎになり、22時30分まで、スポーツクラブ内ないが使えます。

 

その為、筋肉トレーニングは、部位事に分けて週3日行います。

 

だいたい筋肉トレーニングは、40分〜50分。

 

筋肉トレーニング後に10分〜20分くらい遅い速度で走るか歩きます。

 

その後に10分くらいストレッチ行っています。

 

スポーツクラブのプログラムの中にある、ダンスプログランムにhouseは、週1日。

 

Jazzは週1日。

 

ラディカルプログラムのパワーカーディオには週1日行っています。

 

ヨガは、ヨガスタジオに週1日通っていて、イシュタヨガというものをやっています。

 

BCAA配合の人気筋肉サプリはコレ!いま話題のHMB、BCAA配合サプリメント。

私は、プロテインやサプリメントは身体に悪い物だと思っている為、飲みません。

 

そして、プロテインやサプリメントを飲んで作った身体は、本来の自分の力でなく、作られたものだと思うので、それを筋肉付けるかっこよくする為などに行うのは、私は好きではありません。

 

プロテインやサプリメント飲むことをしなくなれば、今の体系は維持するのは難しいとも思います。

 

アスリートやビルダーに人は別だとは思いますが。

 

日本人には日本人に合う食生活があると思うので、基本食は、なるべく日本食を食べるようにしています。

 

朝・昼はお米を食べ夜はお米は食べません。

 

トレーニング後の栄養補給には、甘酒と豆乳を割って飲んでいます。

 

飲み物も水、麦茶、ハーブティーを飲んでいます。